資格取得して働きたい職業に活かしていこう

資格について

土地家屋調査士の資格の勉強のしかた

土地家屋調査士の資格を取得するのは、弁護士や司法書士などに続いて難しいとされています。しかし受験生の数が他の難関資格より少ないため、試験自体の競争は少ないとされていますから、その点はやや他の難関試験よりは有利のようです。 しかしいくら資格を取りやすいとはいっても、それなりに勉強をしなければ合格まで到達するのは難しいのは確かです。特に独学で受検するのは合格ラインにまで達するのに時間がかかり、他の予備校などを通して勉強するよりもやや道が険しいといわれています。

独学での合格の難しさ

土地家屋調査士の資格を独学で取得しようと思っても、まず参考書などの教材が極端に少ないという壁にぶつかると思います。これは独学で試験をパスしようという人にとっては非常に不利な条件となります。 資格試験は毎年情報を更新していく必要がある上に、過去問などで常に試験に対応できる体制を整える必要があります。しかし参考書が少ないということは、受験に向けての情報が手に入れにくく勉強がしにくいということになります。 その証拠に、土地家屋調査士の資格を独学で取ったという人はみなすぐに合格することはできず、最終的に数年がかりで合格しているパターンが多いようです。 このようなことからも土地家屋調査士の資格を取る際は、なるべく早く取得したいなら予備校などのカリキュラムで効率よく勉強し、時間がかかっても良い場合では独学でゆっくり学習していくという選択肢もとれます。

Copyright (c) 2015 資格取得して働きたい職業に活かしていこう all reserved.